睡眠時無呼吸症候群の検査

血液中の酸素状態と脈拍数、呼吸の状態などを測定する機器を自宅に持ち帰って検査していただきます。

装着は非常に簡単です。
1時間あたりの無呼吸や低呼吸(呼吸が浅くなる状態)などから、診断します。                              

 


血圧・脈波検査

四肢の血圧などを測定し、血管の硬さ(動脈硬化)やつまり具合を評価します。

血管年齢がわかります。

検査の所要時間は10分程度です。



呼吸機能検査

肺の機能を調べます。

肺年齢がわかります。

所要時間は5分程度。


 


骨密度検査

骨密度を測定し、骨粗しょう症の判定を行います。



その他にも各種検査を行っています。

予約が必要な検査もあります。